3C分析

知っておきたい知識

3C分析とは顧客(Customer)競合他社(Competitor)、 自社(Company)のそれぞれをリサーチし事業機会の発見や事業成功のカギを特定する際に有効な思考フレームワークの一つです。

Customer、Company、Competitorのそれぞれでどのように調査を行っていけばよいか実際に見ていきましょう!

Ⅰ.市場・顧客に対する調査

この調査ではマクロな視点とミクロな視点で行いことが必要です。
例えばマクロな視点でいえば政治や経済の動向といったことは少なからずとも影響してくるはずです。また現在の新型コロナウイルスなどはもろに影響を及ぼす部分ではあると思うのでそういった床をを分析していくとが必要になってきます。
ミクロな視点でいうと顧客一人一人に焦点を当てた調査になります。例えば顧客がどんな人であるか、ニーズ把握、購買プロセス、購買特性などといったところです。
このようにミクロな視点とマクロな視点の両方から分析を進めていき重要な要素を見つけていくのがここでの重要なポイントとなります。

Ⅱ.競合他社に対する調査

競合他社の調査で行うことは文字通り他社の状況、商品、戦略といったことを徹底的に調べ上げることです。
例えば今自分が大手電機メーカーに勤めていると仮定しましょう。
まず初めにやらなければいけないことは自社の本当の競合になっている企業はどこなのかです。ここがぶれてしまうと見当違いな分析になってしまいます。
他社の売り上げ、シェア率、利益といった定量的なデータから商品自体の機能、デザインまたは販売戦略、技術者などの人的資源といった定性的データのありとあらゆる視点で分析を行います。

このように競合他社を分析することで強みや弱みを明確にし、自社の早期シェア獲得などに繋げることができます。

Ⅲ.自社に対する調査

自社分析で求められることは自分たちは今どんな立ち位置にいるのかです。
例えば

  • 自社の持っている技術力
  • 事業プロセスの特徴
  • 現在かかっているコストや手間

などがあげられます。
これらを十分に分析するために用いられる分析方法の一つとしてSWOT分析というものがあげられます。

このように自社分析を行うことで強み弱みを明確にし、改善や挑戦といった行動に移すことができるようになります。

まとめ

このように3C分析を行うことで自社を取り巻く状況をしっかりと把握し事業成功へのキーをつかむことができるようになるのです。

ただあくまで3C分析は数多ある思考フレームワークの一つなので他のものと組み合わせることでより効果が生み出せそうです!

ここまで読んでいただきありがとうございました。
これからも学んだ知識はどんどんアウトプットしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました